子供の病気

子供ってすぐに熱が出たりしますよね。
我が家の子供も本人は元気なんだけど、火の玉みたいになっていることがあって心配になります。この夏休みの時期にはお医者さんも夏休みだったりもするので、救急の病院をあらかじめ調べておかないといけませんね。。。
いざ気が動転するとなかなか電話番号とかを調べたりはすぐに出来ません。
事前の準備が肝心ですね。
お盆休み以外にも結構小児科って検診とかで休みが多いので、要チェックです。

夏に流行る病気といえば去年は手足口病がかなりの流行でしたが、
今年は流行しているのはヘルパンギーナというものだそうです。
ヘルパンギーナって聞きなれないものですが、
子供には多く見受けられる夏風邪の一種です。
どんな症状かというと比較的高い熱が出るけど、
本人は元気なこともある。のどに白い口内炎のようなプツプツが見受けられる。食欲が落ちてしまうことが多いみたいです。
熱自体は2-3日で収まるけど、便には一ヶ月くらいウイルスがいるみたいなので、保育園などでは要注意ですね。。。

食欲が落ちると心配ですが、水分補給さえしっかりすれば大丈夫。
ゼリーやアイスクリームなどののどごしのいいものを食べさしてあげましょう。後は豆腐が強い味方です。

子供が体調を壊すと親も大変なので、頑張りましょうね^^

Filed under: 動作,育児 — eriko 21:52
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。
ログイン